読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平安装束で手合わせ披露 京都・八坂神社「かるた始め」

京都市東山区の八坂神社で3日、新春恒例の「かるた始め式」があった。子どもから20代の若者まで男女18人が色鮮やかな平安装束に身を包み、境内の能舞台で手合わせを披露。参拝者ら約400人が見守った。

 

エンジェル戦記 RMT

 

特集「京都 よむ・みる・あるく」
 祭神素戔嗚尊(すさのおのみこと)は初めて和歌を詠んだと伝えられる。神社と日本かるた院本院(同市西京区)との共催で、今年で46回目。参加したノートルダム女学院中2年の辻栄里香さん(14)は「衣装は重かったけど気が引き締まった。もっと上達してたくさん札を取れるようになりたい」と話した。(佐藤剛志)

「京都ぎらい」本、思わぬヒット いけずに嫌悪と親近感
「おたべ」社名から消えた 創業50年、社員もびっくり
女子高生が鉄道模型を作った 繊細な表現、国際大会でV
女は王子様、男はお姫さまに 2人の記者、変身してみた
2人で部屋にいられる感じ SMAPの「しんつよ」